Golf Turning

LESSONレッスン

ゴルフは不安のスポーツ 初心者でも大丈夫

2020.01.01 04:51
  • カテゴリ:

ゴルフ上達法の基礎

ゴルフを始めたからにはもちろん 「上達したい!」そう思いますよね。
憧れのプロの様に、先輩の様に、少しでもカッコいいゴルフがしたい!
人それぞれ目的は違うと思いますが、ゴルフは様々な要素が組み合わさるスポーツ。
そのため目的と違うことについつい目が移ってしまう場合も…。
・スコアが大切だと決めたラウンドも一つのミスから戦略を忘れて感情的にショットしてしまう。
・簡単な練習をしに来たはずがいつの間にか、多くのボールを黙々と打って しまった。
・自分が克服したいのはグリーン周りなのにドライバーばかり練習してい る。
・スポーツはイメージが大切!なのに、スイングの形ばかりが気になる。
・周りに迷惑をかけたくないのにかけてしまう
などなど、あげ出したらキリがなくなるのでこの辺りでやめときますね。

上達するための条件

上達するための条件あなたと皆さんが達成したい目的の内容が違ったとしても、
何か目的を達成するためには共通の条件があります。
・準備 ・取り組み方 ・実践
例えば初心者の方が、「ラウンドで周りに迷惑をかけない様にする」という目的を掲げたとします。
ここで多くの方が行う【準備】というのは、【練習場での練習】ボールに当たるか不安
ボールがとにかく前に行ってくれればなんとかなる! とにかくボールを前に飛ばせるように準備します。
しかし当日になると、全然当たらない…、どうしよう…と、迷惑ばかりかけている…
なんてことになってしまいます。
ここでの準備というのは、 【迷惑をかけないラウンドに向けての準備】なので、
●大切なことは 同伴者がいるということ。
●ある程度のマナーとルールを知っていること。
●ゴルフは基本ミスのスポーツ。
そして、何よりゴルフを始めた頃は全員が初心者。
ボールに当たらないのは当たり前なので、同伴者の方もそこは何も怒ったりはしません。
ここで考えないといけない事は、 基本的に4人でラウンドするゴルフは 自分以外に3人同伴者がいるという事。
そして、ティーショットは前のホールのスコアがよかった人から打つ。
ショットは準備ができた人から、
そして、危険な行為はしないこと。
グリーン場では皆さんが神経を使うということ。
初心者の場合はある程度はオッケーをもらえるので入れることより寄せる事。
などなど、ボールを正しく打つことよりも、同伴者とのラウンドペースや打つ順番、
グリーン上でのマナーなど多くのことがあります。
ゴルフで1番やってはいけないことは「スロープレー」それをしないためには、
打つ準備、ショット前の準備が大切になります。
【準備】が決まると、自ずと【取り組み方】が変わります。
ボールを飛ばすことよりも、自分のスコアを数えるためのカウンターを用意すること、
ゴルフのマナーやルールの勉強。
そして、ラウンドのやり方を調べることや、【実践】で今1番役立つ事がわかってきます。
そうするといざラウンドになったとしても慌てずにできます。
このように、自身の目的に合った、【準備】【取り組み方】【実践】を繰り返していく事で、
目標に向かっていくことができます。
是非、これからのゴルフライフに役立ててください。

関連記事

関連するレッスン情報はありません。